商品紹介

  • カテゴリーTOP
  • 相鉄線交通広告
    • 横浜駅メディア
    • 車両広告
    • ボード広告
    • 駅広告
    • バス広告
    • データ
  • フレコミボード
  • 相鉄スタイル
  • 広報紙
  • 屋外ビジョン広告

相鉄線交通広告 - データ

 

相鉄線は、神奈川の大商業地「横浜駅」のコア商圏にダイレクトに訴求します。

横浜〜海老名を結ぶ相鉄本線と二俣川〜湘南台間を走る相鉄いずみ野線の2路線を運行している相模鉄道。
沿線の住宅エリアと港街特有の異国情緒が漂う横浜を結ぶこの路線は、通勤利用者を中心に、
ショッピングやレジャーの足として多くの方々にご利用いただいています。
また、沿線には大規模宅地開発がおこなわれた緑園都市など住宅街が点在し、
安定した乗降数とファッションセンスや情報収集に敏感な乗客を誇ります。
横浜をキーステーションとする相鉄は、購買力の高い有望なコンシューマーをメインターゲットに、
広告訴求がおこなえる私鉄路線です。

5市にまたがる横浜・神奈川アクセスの大動脈。沿線は、典型的な郊外住宅地の成熟マーケット。

輸送人員
1日あたりの輸送人員は、約62万人、うち定期40万人、定期外22万人。
沿線市区町村
横浜市西区、保土ヶ谷区、旭区、瀬谷区、泉区、大和市、海老名市、座間市、藤沢市。
全長
全25駅で全長35.9km、横浜〜海老名間(本線)24.6kmと二俣川〜湘南台間(いずみ野線)11.3kmとなっています。
沿線の特徴
沿線は、典型的な郊外住宅地となっており、暮らしの息吹が感じられるエリアです。

相鉄交通広告取扱指定代理店一覧

相鉄線駅等級表はこちら

車内広告サイズはこちら

ページトップへ