Article Guidance 商品紹介

多くの人が生活し、訪れる神奈川・横浜エリアだからこそできる、質の高いエリアコミュニケーション商品を多数ご用意。相鉄線交通広告にとどまらない、お客様の要望に最適な商材やプランをご提供いたします。

相鉄メディア

約45万人の乗降客とコア商圏に訴求する交通広告

相鉄「横浜駅」は約45万人というJRに次ぐ乗降客数です。また横浜駅の商業集積のコア商圏は、相鉄線沿線を中心に広がり、横浜駅に立地する商業施設にとってはたいへん重要なマーケットになります。さらに買い物・レジャーなどのお客さまには、ダイレクトに訴求できるため、リーセンシー効果(行動喚起につながりやすい)も高くなっています。こうした背景からも相鉄交通広告は、神奈川県下の消費者はもちろん、訪れるお客さまにも「無駄なく、効率的に」アピールできる、独自のメディアといえます。

相鉄線は、神奈川県の大商業地「横浜駅」のコア商圏にダイレクトに訴求します。

横浜~海老名を結ぶ相鉄本線と二俣川~湘南台間を走る相鉄いずみ野線の2路線を運行している相模鉄道。 沿線の住宅エリアと港街特有の異国情緒が漂う横浜を結ぶこの路線は、通勤利用者を中心に、ショッピングやレジャーの足として多くの方々にご利用いただいています。 また、沿線には大規模宅地開発がおこなわれた緑園都市など住宅街が点在し、安定した乗降数とファッションセンスや情報収集に敏感な乗客を誇ります。横浜をキーステーションとする相鉄は、購買力の高い有望なコンシューマーをメインターゲットに、広告訴求がおこなえる私鉄路線です。 2019年にはJR直通運転を開始、さらに訴求効果が上がっている路線です。

5市にまたがる横浜・神奈川アクセスの大動脈。沿線は、典型的な郊外住宅地の成熟マーケット

輸送人員

1日あたりの輸送人員は、約63万人、うち定期41万人、定期外22万人

沿線市区町村

横浜市西区、保土ケ谷区、旭区、瀬谷区、泉区、大和市、海老名市、座間市、藤沢市

全長

全26駅で全長38.6km、横浜~海老名間(本線)24.6km、二俣川~湘南台間(いずみ野線)11.3km、西谷~羽沢横浜国大間(JR直通線)は2.7kmとなっています。

沿線の特徴

沿線は、典型的な郊外住宅地となっており、暮らしの息吹が感じられるエリアです。

取扱商品

お問い合わせ

交通広告、メディア展開、商品、マーケティングなど、お気軽にお問い合わせください。