事業紹介

  • カテゴリーTOP
  • メディア
  • マーケティング プランニング
  • クリエイティブ
  • 交通広告
  • プロモーション
  • その他
    • コンベンション
    • インターネット
    • 指定管理者業務
  • 事例
    • よこすか開国祭
    • JOINUS 2007年度経常販促

事例 - よこすか開国祭

2002年のプレ祭から始まった横須賀市の観光イベント「よこすか開国祭」で、2002〜2007年の間、各回の企画運営全般を承りました(2003・2004年は受注せず)。

基本プラン

オリエンテーション資料を様々な角度から検討し、企画の骨子を編み上げます。

よこすか開国祭の基本理念

「国際海の手文化都市」実現の一環としてペリー来航以来育まれてきた横須賀ならではの文化・歴史遺産、地域資源を最大限に活用し、「開国のまち・よこすか」を広く国内外に発信、横須賀の新たなブランドイメージ確立の契機とする。

開催目的

開国祭の開催を通じて、開国をテーマとした観光行政を積極的に推進していき、「開国のまち・よこすか」のイメージを定着、浸透させていく。ペリー来航150周年を経過した現在、多様な視点から横須賀の魅力を知ってもらい、個性豊かな「開国のまち」のアイデンティティ作りへの関心を高めていく。

よこすか開国祭のねらい
市民にとって 企業にとって 行政にとって 開国祭は「開国のまち・よこすか」の魅力を様々な切り口で伝えるショーケースとして展開する。
開国祭全体のキーワードと切り口
近代における国際交流発祥の地 → 国際性
よこすか開国祭統一テーマ
よこすか発、海へ!世界へ!未来へ!
2002年「プレよこすか開国祭」基本プラン
< プランニング >

よこすか開国祭を単なるイベントではなく、横須賀市の「シティ・セールス・キャンペーン」として位置づけ、「まちづくり事業としての発想」「官民協働」「交流人口の増加促進」「街全体の活性化」を基本方針として構築しました。

プロモーションプラン

実際に開催するうえでの目的を明確化します。


「開国」の歴史検証を踏まえ 市民の矜持としての「開国」へ

〜開国150周年から市制100周年へ〜開国があるから「よこすか」がある、「日本」がある
2005年「プレよこすか開国祭」プロモーションプラン
シンボルとしてのキャラクターを決定します。
・年齢・性別に関係なく、広く市民に親しまれるキャラクターを制作・「開国」の偉人、小栗上野介の直系子孫のマンガ家を起用
「2005年よこすか開国祭」
< プロモーション >

2002年、2005年〜2007年における「よこすか開国祭」の委託業者選定コンペに参加。
市制100周年を見据え、開催意義の観点から、横須賀の歴史と市民の誇りに焦点を当てました。

キャラクターについては、市民のイベントとして認識・発展させていく為に、『開国と発展』をテーマに設定。
横須賀の歴史で欠かせない二人の人物「ペリー提督」と、「小栗上野介忠順」をモチーフに制作しました。
告知物や制作物へ露出させる事で、多くの市民に認識づけ「愛される」キャラクターとして育てる事を目標としました。

実施プラン

実施イベントの日程・内容等の概要が決定します。

パレードの編成
1,幕末歴史絵巻2,マーチングバンド3,市民パレード4,開国踊り

< プロモーション >

イベントの手法や、市街活性化の手段を企画し、キャラクターの登場、歴史的演出、市民参加を中心にしたイベントを運営。

県内最大級の「開国花火大会」の実施と、各ルートにおける警備体制計画、救護・消防の対策について各機関と調整業務も担当しました。

各種制作物

ポスター、パンフレット、横断幕デザイン等各種制作物を製作します。





2007年「よこすか開国祭」制作物
< クリエイティブ >

イベントキャラクターとして新登場した「ペリリン」「オグリン」を、二人の個性を引き出す為、ポスターのメインビジュアルに使用。
二人の元気良さを前面に出し、イベントへの「期待感」とキャラクターの「親近感」を表現しました。

その他、制作物においても、ポスタービジュアルと連動したデザインをする事で統一性のある展開をこころがけました。

webサイト

イベント告知とともに、各イベント参加者・市民レポーターの募集を開始します。




2006年「よこすか開国祭」webサイト関連
< インターネット >

2006年のよこすか開国祭は期間が8週間と長かったため、興味を継続させることが必要でした。
そこで市民レポーターを募り、ペリリン・オグリンのアカウントで市民目線での横須賀紹介とイベントレポートを「mixi」上で展開。
さらにその日記を『ペリリン&オグリンのよこすか探訪』として再編集し、公式サイトの週間ベースで公開しました。

告知関係

交通広告、横断幕等のOOH広告を掲出、市内各家庭にも届くよう、新聞折込広告も実施します。
情報誌やTV、ラジオ等の各種パブリシティ展開を行います。




2007年「よこすか開国祭」告知媒体

実施

イベントの本番。燃え尽きます!



2005年・2006年・2007年「よこすか開国祭」実施風景
< 営業 >

2001年の計画素案策定から2002年のプレ開国祭をえて、 2005年〜2007年の開催と長期間に渡り携わりました。 大勢の関係者が関わるイベントなので、関係者間の連絡・調整が大変でしたが、参加者、クライアント、スタッフの協力により、事故やトラブルもなく無事終了することができました。 「開国のまち横須賀」を広く国内外に発信し、浸透させていくという当初からの目的は達成できたのではないかと思います。